大阪府大阪市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

大阪府大阪市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 11時41分

引っ越しが決まった場合、子どものいる家庭だと転校のための手続きが必要となります。この手続きは、いろいろ出向かないとならないですし、必要書類も多数あり分からないことも多々あるでしょう。急な引越しだと、住所の詳細が分からないケースもありますが、注意点だけ抑えれば円滑に転校手続きを進めることが出来ると思います。ここでは、過去自分の子どもを転校させたことがある私が、わかりやすく手続きに関するポイントをまとめています。小学校の転校手続きQ&A事情があり、転居先の住まいがまだ決定していません。学校の転校手続きは進めていいのでしょうか。A.転校と言うのは仕方なくする場合もありますので、特別OKが出るパターンもあります。例を挙げると、家庭での暴力やつきまとい等の被害で家を出たいが、はっきりと住所は決められていない場合。特例が考慮されていますので、悩まずに相談しましょう。そして、特認校という小規模な学校の存在も。遠くの住まいからでも通学OKの体制が整っています。Q.転校の手続きをするにあたって、学校・市役所・教育委員会に子供も連れて行ったほうがいいのですか?A.旧学校は保護者のみで連絡し、必要書類の記入等した方がいいでしょう。どの時期に、転校を他の児童に言うかなど、先生と話し合いがされると思うので、逆に子供がいると話しづらくなるでしょう。逆に新しい学校では先生も子どもも、どんな人なのかお互いに知っておきたいでしょうから、一緒の方がいいでしょう。ただ、子どものこと等話しておくことがあれば先生に伺って、別で会いましょう。Q.公立→私立小学校へ転校できますか?A.大丈夫ですが、一般的に私学の方が勉強の進捗状況がことがあります。引っ越し後に家庭でも学習状況の把握は必要になります。急な事情にはしょうがないですが、特に区外等への転校の場合、転校手続きだけでも数日程度日数を要する事と思います。そして両親とも働いている場合だと、各手続きなどが休みにしかできないため、「続きはまた次の休みに」という事もちょくちょくあり、スムーズに進まないこともあるみたいです。新居にうつる7日前に転出届の提出を終え、引越しを終えたら14日のうちに転入届、そのタイミングで小学校の手続きも行わなければならないのです。学校道具をチェックしたり、時間があってもあっても足りない!という状況になりそうですので、できれば、小学校が長期休みの季節に行うのがベストと言えるでしょう。夏休みや春休み、冬の休み中にゆっくり手続きを済ませながらお子さんの様子をよく見て、ケア・フォローしていくのがいいかと思います。